不動産ローンとは担保に不動産を入れて融資を受けるローン

不動産ローンとは、担保に不動産を入れて融資を受けるローンのことで、正式名称は不動産担保ローンといいます。最近では無担保のローンも盛んに利用されていますが、不動産ローンは担保が前提です。キャッシングの方法は色々なものがありますが、クレジットカードをキャッシングに用いる場合は、信用貸しという形です。無担保で借り入れをする事になるので、借り入れ金額上限や借り入れ期間が短く設定されています。一方、不動産ローンは担保として不動産を用意するので、借り入れ上限額が高めで、貸付条件がよいものになります。この違いは、金融機関など融資を行う側から考えると、納得のいくものでしょう。もしも貸したお金が何らかの事情で返済できなくなったとしても、不動産が担保になっていればある程度の金額は補償されます。より低い金利で、まとまった融資が受けられる不動産ローンは、担保を出すことができる人には嬉しいものではないでしょうか。利用目的が決まっていないため、使いたいものにお金を使うことができます。家のローンや車のローン、リフォームローンというと用途が限定されています。不動産ローンでは、どんな目的にでも使えます。担保として利用した不動産の評価額に応じて、借入金も大口になることが不動産ローンのいいところです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ