公共お金をクレジットカードで払う

近年では、クレジットカードで公共対価の払いこみができるようになってきています。公共対価の受領にクレジットカードを使う醍醐味は、どこにあるのでしょう。口座からの振替や、コンビニからの受領も、公共対価を支払うことは可能となっています。クレジットカードで公共対価を支払うメリットは、カードの決め手を着実に貯めていただけることです。公共対価を口座引き落としで払った場合は決め手になりませんが、クレジットカードは支払い金額がおっきいほど決め手が入ります。クレジットカード会社によって違いますが、だいたい受領プライスの0.5パーセントから1.5パーセントぐらいを決め手に換算します。引き取り手の頭数や建物の容積によっても公共対価は変わりますが、いずれの場合でも、1カ月で数量万円ごとの支払いになります。月々の受領を合計すると、年間50万円を超えるようなプライスの受領になるので、1.5パーセントといってもないがしろにできません。一際支払う位置づけであり続けても良いなら、口座引き落としも大丈夫かもしれません。クレジットカードで払っておけば、支払いプライスの一部が決め手になって手元に残ります。全ての公共料金がクレジットカードに対応しているわけではなく、地方自治体ごとに異なる結果、自分で確認することが大事です。もしも、お住まいの地域の公共料金がクレジットカード支払いに対応しているなら、利用してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ