為替図の見方

どんなふうに為替図を読めば良いのかは、FXを始めたばかりのやつは面食らうでしょう。図の様式を見たことが無いこともあり、登録が無いやつにとっては取りこみほうが思い付かのではないでしょうか。為替図は、為替の値幅の推移を、スパンを区切ってグラフ化したものです。見方さえわかれば、為替の割合がどのように動いたかをわかりやすく図示されており、何ともすぐれものです。一般的に為替図として利用されているのが低級ソクアクセスという呼ばるもので、始値打・終値・高額・安値で成り立っています。ヒゲってボディと言われる部位がひとつの低級ソクには存在しており、ボディが分かれて相場がいかなる動きをしているか一気に見てわかるようになっています。長々低級ソクアクセス図には時間にてことなる分類があるといいます。日足、ウィークアクセス、ひと月アクセスなどの分類が為替割合には残るようで、毎日の割合で低級ソクを書くもの、ウィークの割合で書くもの、1か月の割合で書くものに分かれている。自分がどういう投資をするつもりかにて使い分ける必要があります。基本は日足図を使い、ひと月アクセス図で大きな流れを読み取ります。デイトレの基本は1当たりから5当たりアクセス図であり、図の動きを見ながら速やか判断が求められます。あっという間の値幅については、長期相場の場合は考えなくても良いといえるでしょう。あっという間為替図がどんな動きをするか気にかける必要があるのは、相場の転換期などです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ